HOW TO WORK

酪農ヘルパーとは

「酪農を支える力になる」

それが網走市酪農ヘルパー利用組合です。

酪農ヘルパーの

1日の働き方

生き物が相手の酪農は休むことはできません。ケガや病気でも牛は待ってはくれません。そんな時に、酪農家に代わって搾乳や飼料給与などの業務を行うのが酪農ヘルパーです。

酪農家の休日確保はもちろんのこと、ケガや病気などで働くことができなくなった時には数か月間にわたって一つの牧場の牛の管理を引き受ける事もあります。

365日、牛から目を離すことができない酪農家にとって

酪農ヘルパーは​なくてはならないパートナーです。

原則、午前と午後の二回に分けて酪農家に行きます。組合車で自宅から直帰直行の勤務となります。

依頼主の酪農家に到着後、搾乳、飼料給与、牛舎の清掃などの業務を始めます。

5:00~9:00

自由時間。月に数回ミーティングがあります。

9:00~15:00

本日二回目の搾乳、飼料給与、牛舎の清掃などを終えたあと、業務終了です。

15:00~19:00

新米酪農ヘルパーの声

大好きな牛達と間近でふれあいながら、牧場の方や先輩から丁寧に作業を教えてもらえます。「愛情を持って接すれば、牛達は必ず返してくれる」牧場主さんのその言葉で、酪農の仕事は一つ一つの作業全てが大切な事であると感じました。命を預かる責任は大きいですが、充実した毎日を送っています。

 

作業風景

応募・お問い合わせ

畜産系学校の新卒の方・以前牧場で働いたことがあるけどもう一度働いてみたい方を募集しております。未経験でも酪農に興味がある方なら応募可能です。詳しくは求人情報ページをご覧ください。

top_botan2.png

© 2019 網走酪農ヘルパー利用組合 AllrightsReserved

網走市

酪農ヘルパー利用組合

網走市南4条東2丁目10番地

FAX:0152-44-8113